乗用車の『全損』とはその名称が示すように愛車のすべてが壊れてしまうことで結論として走ることが出来ないような移動手段の車として機能を果たさなくなった際に使用されますが乗用車の保険での【全損】は少なからず同様ではない意味があったりします。保険における自動車が損傷を受けた時には《全損と分損》という2つの種類区別され、【分損】は修復の費用が保険内でおさまる状態を言いそれとは反対に全損とは修復費が補償額を超えてしまう状態を言います。一般的に、修復で【全損】という場合車の心臓となるエンジンに取り返しのつかない打撃があったり自動車の骨組みが変形して修繕が不可能な場合、再利用か処分になるのが当然です。しかしながら、自動車の事故が発生して販売会社や保険会社がかかる修復の費用を計算した状態で、いかに見かけがきちんとしていて直すことが可能な状況でも修理費が補償金よりも大きければ何の目的のために自動車保険にお金を支払っているのか分からなくなりそうです。こういった場合は『全損』と判断して車の所有権を保険会社へ譲って補償額を支払ってもらう条件になっています。当たり前の事ながら長い間所持したマイカーで愛着があり自分でお金を出して修復をしてでも運転したいと考える方はたくさんいらっしゃいますからケースによっては自動車保険会社と意見交換するといいのかもしれません。さらに、車の保険の種類によってはこういった場合を想定して車両全損時諸費用補償特約等(全損)のために特約つけている状態が存在し、例え、自家用車が『全損』なった際でも新車購入等代金を一定分もってくれる場合もあります。尚盗まれた場合の保険の特約をつけている場合盗難被害にあった車が見つからない時でも【全損】となり、補償金が払われるサービスになっているのです。